記事一覧

東大英語の総合的研究 旺文社

過去問を用いていて、解説が丁寧なものを探していたらたどり着きました。


英語が苦手とはいえ、センターレベルだとすでに9割とれるレベルには達していて、基礎はある程度でき上っていると思っていました。
しかし、東大の問題になると、形式に慣れていないこともそうですが、点数をかき集められているようで全く点数に結びついてない現状に陥りました。


現役生の時過去問を一切やっていなかったので、ここから始まると思って秋までにしっかり解いていきたいと思います。
その後、25ヵ年やリスニング15ヵ年を用いて演習形式で行っていきたいと思っています。


今の時代は、東大の過去問を研究した本がちらほら出版されていて便利であると痛感しました。
何度も言うことになりますが、独学だとこういった類の参考書はとてもありがたいです。


東大実戦には間に合いませんが、大切なのは本番で合格する事なので、やれる範囲で対応したいと思います。
本番までなら、あと半年もあるので十分でしょう。


中身は、導入部分が詳しく書かれていて、和訳→文法→要約→長文(第1問)→長文(第5問)→英作文→リスニングとなっています。
導入部分が詳しいのがかなりありがたく、これを読むだけでも戦略を練ることはできそうです。


日々、数学と理科に勉強時間を割きすぎているので、ここらで英語にも力を入れていこうと思います。
特にリスニングはどんなに忙しくても、必ず毎日行うことを自分に課します。


英語が得意科目になるように、ひたすら向き合っていきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

evwndrer

Author:evwndrer
多浪から東大合格を果たし、自分の人生を有意義なものにします。

twitter:@pkmn2td1 浪(なみぃ)
です。こちらもよろしくお願いします。

最新コメント

月別アーカイブ

カウントアップ

PR